×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フェアリーテイル 妖精のフェアリーテイル

フェアリーテイルをご存知でしょうか。
フェアリーテイルについて詳しく紹介します。

フェアリーテイル
1917年に起きた”コティングリー妖精事件”をもとに、
妖精を信じる少女たちの純真な心を描いた珠玉のファンタジー映画。

フェアリーテイル3とは

フェアリーテイルは“妖精を目撃した”として一大論争を巻き起こした実話を基に描く、ファンタジックな感動作。自然豊かな美しいイギリスの田舎町を舞台に、妖精たちと心を通わせる少女たちの無垢な姿を詩的な映像で綴る。第一次大戦下のイギリス。父が戦地で行方不明となった8歳の少女フランシスは、12歳の従姉妹エルシーのいるヨークシャーへと向かった。叔父夫婦に温かく迎えられ、逆境に負けず毎日を明るく過ごすフランシス。そんなある日、彼女とエルシーは小川で美しく光る妖精に遭遇する


映画フェアリーテイルの感想

映画フェアリーテイルのこの話、実話だというので驚きです。ある二人の女の子が学校の帰り道に妖精を見てしまったことからストーリーは展開してゆきます。「妖精を見た」なんて言ったら、不思議ちゃんのレッテルを貼られて終わるのが現代のオチですが、この映画フェアリーテイルの舞台は自然が綺麗なイギリスのサウスヨークシャーで、時代も今から90年前と、少し信憑性があります。しかし、やっぱり周りの大人たちは二人の言うことを信じてくれませんでした。そこで、二人はどうにかして妖精の存在を証明しようと、妖精の写真を撮ることに挑戦!撮影は成功し、疑っていた大人たちも騒ぎ始めるんですが、事態は思わぬ方向に・・・というのが映画フェアリーテイル大まかな内容。で、今でも実際にその写真が残っているので驚き。しかもその当時、合成写真など巧みな技術は発達していなかったため、その写真が本物である確率は高いとのこと・・・!!私もDVDの特典で、実際の写真を見ましたが、「これが妖精か・・・」と狐につままれる不思議な感じがしました。お人形に羽が生えてる・・・そんな感じです。映画フェアリーテイルはとてもメルヘンな内容で、映像も綺麗で良かったのです。日本だったら2時間ドラマで十分楽しめるのかな。。。とも。とはいえ、映画フェアリーテイルは素敵な映画でしたよ。

妖精・・・天使のエピソード

天使(てんし)は、主として、アブラハムの宗教(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教)の聖典や伝承に登場する神の使いである。英語のエンジェル(angel)はギリシャ語のアンゲロス(angelos)に由来しており、原義は神の使者を意味する。日本語の聖典中では「み使い」と呼ばれることもあり、日本ハリストス正教会では神使(しんし)とも訳す(日本正教会では「天使」という語も併用される)。天使は、他宗教の神々に近い働きをするため、唯一神教であるアブラハムの宗教の中に埋め込まれた多神教的要素と考える人もいる。モーセ五書における「神の使い」「ヤハウェの使い」は、ヤハウェの顕現体であり、ときにヤハウェと同一視されるが、天使はこれと異なり、「仕える霊」として描写される。旧約聖書における「仕える霊」「天の軍勢」としての天使への言及は比較的新しく、ユダヤ人のバビロン捕囚期以降に成立した概念と考えられている。ミカエル、ラファエルなど固有の名前をもった天使は、捕囚期以後に成立した文書にはじめて現れる。3世紀のラビ・シメオン・ベン・ラキシュはこのことを指摘し、これらの天使がバビロニア王国に捕囚されていた時代に由来するとの説をたてた。ここから、天使の概念は、アブラハムの宗教が広まり、他民族を取り込んでイスラエル民族が成立していく過程で、他宗教の神を、唯一神によって創造された下位の存在として取り込んでいったとする考えがある。またゾロアスター教の神の組織のあり方に、天使の組織のあり方が類似しており、天使の概念にはゾロアスター教の影響があると言われる。


クリスマスローズ
京都アニメーション
槇原敬之の僕ら
脱毛ミスパリ
スーパーラジコン

Copyright フェアリーテイル 妖精のフェアリーテイル 2007